組織図

組織図

日本屋根外装工事協会は下記の組織にて構成されております。

組織図

ルーフスケープ研究会

美しいまちづくりや快適で、持続可能な環境の実現に資する家並み景観を実現するために、(まちづくりの専門家や研究者、まちづくりに関心のあるNPO、屋根関連産業界の専門家等が集い、屋根が果たしている役割を明らかにするとともに、各地域の実情に応じて関係者が協働してできること、或いは共同で推進すべき活動等)研究、提言を行う。

ビジョン策定部会

①RWTAの理念・綱領・目的について
②今後の事業について
③組織、制度、財務の改革・強化について
④社会へのアピールと業界でのポジションについて
以上の4項目について小委員会を設置して検討を行う。

NB部会

住宅産業における屋根外装工事業者は、一向に進まぬ構造改革、先が見えない閉塞感の中で、新たな一手(ビジョン)が見当たらない状況にあるため、これを打破すべく新しいビジネスモデル(ニュービジネス)を模索して、構築する。

広報渉外部会

メーカー、関係団体、同業他業態との交流事業

事業推進部会

景観法制定に伴う事業

IT推進部会

ITを活用した情報受発信事業