1. HOME
  2. 活動報告
  3. 第1回 役員会

第1回 役員会

日本屋根外装工事協会 2020年度 第1回役員会

1.開会

2.出席者の確認

3.議事録作成人の指名

4.会長挨拶

昨年は、大型の台風も千葉に上陸し、今年の冬は、暖冬が続き、異常気象なっております。
この異常は、必然となると思った方がいい。また新築の住宅事情も、分譲住宅が、活発に着工しており、当協会としても、防災の観点もふくめ、環境変化に対応していかなくてはならない。
我々は、原点回帰、「屋根」という部分の強化をすべきではないだろうか?

5.報告事項

1)入退会報告の件

2)各支部、部会報告の件
「東日本支部」
・12月の定例会/生活センター/屋根予算の件/分譲住宅の金額が20年間横這い/石川商店 社長から、屋根屋の儲け方。/安全対策

「中部支部」
・12月定例会/徳川園/総会の件/暦まち
https://www.aichi-now.jp/spots/detail/9/

「西日本支部」
・11月定例会/人手不足の中で、パワースーツの件/
「ルーフケアマーケティング部会」
・国総研/台風の調査及び施工/全瓦連・江原部会長からのヒヤリング
(ガイドライン工法について)
12月の関西の6万2千、千葉は7万1千の被害があり、社会問題化。
1兆円の火災保険が使われているため、火災保険の見直しとなっている。
工事の内容の見直しを検討中(緊結方法)

「歴まち保存研究会」
・徳川園のランドスケープ散策/
「事業領域拡大検討部会」
・パワードウェア(株式会社ATOUN)http://atoun.co.jp/
イデコプラス とは(https://dc-startclub.com/about/3710

「RWTA WAY部会」

「広報渉外部会」
・メールングリストの更新 データ/ホームページ刷新/ケアドクターの件
メールは、運営専務への転送を次回は検討

3)その他

6.審議事項

1)第32回総会上程議案の件

2)その他

7.協議事項

1)第32回総会役割振り分けについて
2020年3月12日 https://www.grandginza.com/
総会   14:00~15:30
休憩   15:30~16:00
基調講演 16:00~17:00
懇親会  17:15~19:00

2)年間スケジュールについて
第二回役員会:6/18(木)名古屋駅近く
サマースクール:8/27(木)
第三回役員会:11/26(木) 大阪開催予定

3)サマースクール開催日時 テーマについて

4)部会再編成について

5)RWTAホームページ刷新について
・各支部で、選出し、ワーキンググループを作る方向性
東日本(石川さん)・西日本(正木さん)・中部()
●年内の完成でスケジュール、第二回役員会でサイトマップ提出。
●現材の問い合わせメールは、会長と運営専務へ変更
物件共有・職人貸し借りは、後回しでバージョンアップの方向性

6)その他

8.市況報告 各社3分

・働き方改革に対応していかなくてはいけない。
・お寺の葺き替え等が、始まり始めている。
・千葉、神奈川の外注が台風の影響で請負してくれず、仕事が回らない。
・中部はそこまで需要が下がっておらず、前年対比を超える感じできている。
・千葉 新築は、地場の工務店は新築は0。売れる分譲住宅が伸びている。
・ガイドライン工法は、台風の影響はほぼ無い。
・葺き替えの工事も少なく、ガルバリフォームへシフトしつつある。
・名古屋 消費増税後は、新築大手ビルダーさんは仕事がダウンしている。リフォームは自社で順調に受注できている。
・大型物件とかが動き始めている。葺き替え。
・岐阜 昨年は台風の影響で、仕事はあったものの年明けから受注は緩め。
・労働集約的な仕事ではなく、住宅産業を変化させないといけない。
・持続可能な事業は何か?
・千葉の災害は、職人さんが居なくなって、工事自体が凹んた。しかし売上は前年同等、利益率は若干だがアップしている。
・社員、外注職人の不足。
・販売先は3割あるが、廃業する会社があるので、その職人さんとの提携がある。

9.要望・確認・依頼事項

1)その他

10.次回 2020年度第2回役員会